ベバストヒーター Air Top 2000 STC

 

ベバストのエアヒーターである Air Top 2000 STC はエンジン停止状態で使用できる暖房機器です。トラックや特装車両、トラック用製品 ートなどに装着が可能です。燃料消費量はごくわずか(大型トラックとの燃費比較では約1/10)。CO2排出量を大きく削減する機器として、国土交通省からエコドライブ機器に認定されています。 

 
 

製品の特徴:

  • 始動、停止、室温調整はダイヤル操作で簡単 
  • 燃料消費量および排出CO2量はごくわずか 
  • タイマー機能による事前暖房可能 
  • 全国に広がるサービスネットワーク 
 

取付例

べバストエアヒーターは丈夫でしかもコンパクトなデザイン。国内トラックには一般的に助手席下や助手席と助手席ドアの間のキャビンの床に取付けられます。 一方欧州ではツールボックスエリア又はキャビン内に取付られています。

完全燃焼した空気は100%車外に排出され, 空気循環と車内の温度を感知しながら、キャビンの後部から空気吸入され温風を車内に送り込みます。

キャビン内の運転席や後部寝床エリアなどの特定場所にスポットで温風を提供するために、空気ダクトをヒーターの温風出口から延長することも可能です。

 

 

 ビデオ(英語)

 

スイッチ類

コンビネーションタイマー
    調整ダイヤル
 

製品仕様

燃料

電圧
(V)

暖房能力

(kW)

燃料消費量
(l/h)
消費電力
(W)

最大温風供給量

(m3/h)

サイズ
L x W x H
(mm)
重量
(kg)
 
軽油
24
0.9 - 2.0
0.12 - 0.24
14 - 29

93

311 x 120 x 121
2.6

 

カタログダウンロード

  
経費節減の可能性は

アイドリング時間の減少はエンジンの摩耗を抑え、燃料消費を節減し、エミッションを減少させます。

べバストヒーターの場合セービングカルキュレーターを使って、どのくらいの経費節減が可能なのかお試しください。

  
お問い合わせ先

ベバスト サーモアンドコンフォート ジャパン株式会社