エンジン停止で 稼働するべバスト製品

アイドリングストップのさまざまな理由 

 

暖房や冷房だけの為にアイドリングをするのは古い考えになってきています。大型のエンジンを継続してアイドリングすることは燃焼消費量に影響を与えるだけでなく、ドライバーの労働環境や周辺環境にも影響を与えます。

 

 

 

 

 
キャビン内の労働環境

快適ドライブへつながる

日本市場で継続的にドライバーの数が減少しつつある中で、安全で快適な労働環境を提供し、従業員の満足度につながることでドライバーの定着率を上げることが可能です。

ドライバーがエンジンを止めた快適で静かな環境で十分に休養できれば、 安全運転につながります。

 
運営コスト削減

燃料とメンテナンスコストの削減

燃料コストが高騰する中、運送会社の運営コストの約4分の1は燃料と言われています。

 

大型エンジンを長時間アイドリングするのは、エンジンやオルタネ―ターなどの部品にかなりの負担がかかり消耗してしまいます。 さらにエンジンオイルやバッテリーなどのメインテナンス周期が短くなる原因にもなります。 

 

 
環境保護とCSR

CO2 削減と安全強化

社会が環境問題に取り組む必要性が高まる中、CO2削減はただ単に現代の重要なテーマの一つだけでなく、顧客にとっても厳しい環境問題の一つになっています。

社会的責任と安全性、運転手の安定な確保、労働環境の改善は運送業界にとってどのように市場需要に応えていくかを考える上で重要となってきています。

 

 
ベバスト エアヒーター
  • 小型&コンパクトデザイン
  • 自動温度調整
  • バッテリーとオーバーヒートプロテクション
 
ベバスト パーキングクーラー
  • 低電力消費
  • フレキシブルデザイン
  • 日本製トラックに対応のブラケット 
  
お問い合わせ先

ベバスト サーモアンドコンフォート ジャパン株式会社