1901年      ベバストの誕生

 

1901年に創業して以来、べバストは次々と新しい製品、新しい分野へと挑戦し、グローバルリーディングサプライヤとしての地位を確立してきました。”Feel the Drive"をテーマとしたべバストの挑戦は、100年前も今も、そしてこれからも変わらず続きます。

 
 
 

近代化への幕開け (1901 - 1935)

1901年: 会社設立
当時55歳のウィルヘルム・バイアー(Wilhelm Baier)が会社設立。社名を" Esslinger Draht Eisenwarenfabrik Wilhelm Baier, Esslingen/Neckar (エスリンガー鉄製品工場 ウィルヘルム・バイアー、エスリンゲン/ネッカー)"とした。

 

 

1908年: ドイツ ストックドルフへ移転
当時、自動車産業が盛んであった北イタリアに近いドイツ近郊ストックドルフに移転。敷地内を流れるウルム川の水力を活用し、主に自転車用泥除けや荷台を製造。

 

 

1932年: べバストサンルーフの起源
べバスト初のフォールディングルーフを開発。「バイヤーフォールディングルーフ」の愛称で、観光バスに採用された。




1935年: べバストヒーター誕生
熱交換器の原理を利用して、水冷式エンジン車両向けエアヒーターを開発。

 

技術革新とトップレベルの技術力 (1952 - 1974)

1952: バスの車内も快適に
乗用車向けエンジン独立型ヒーターの開発と同時に、初のバス向けヒーターを開発。 

 

 


1956年: 世界初のスチールパネルサンルーフ
ダイムラー・ベンツにスチール製スライディングルーフ第一号を納入。 モデル180-220および300er(”Adenauer"(アデナウア))にオプション装着。




1974年: 世界初のガラスサンルーフ
Ford Fiesta (フォード フィエスタ)にチルト機能付きガラスサンルーフを装備。5年後には、スライディングガラスサンルーフを標準装備として採用。

 

事業拡大 (1986 - 1992)

1986年: 事業基盤の確立
株式会社 "べバストAG (Webasto AG Fahrzeugtecknik)"として新たな出発。レーゲンスブルグ(Regensburg)近郊にスライディングルーフの生産拠点、シーリング工場を新設。





1989年: 光、そして新鮮なエアを車内に
クーペ向けに、ルーフを閉じた状態で換気ができる初のソーラーサンルーフを搭載。





1992年: 新しい地での新たな出発
ドイツ ノイブランデンブルグ(Neubrandenburg)の旧国営企業”Sirokko(シロッコ)"社屋を改修し、最先端生産技術を備えたパーキングヒーター製造工場を建設。

 

成長路線を突き進む (2000 - 2009)

2000年: べバスト初のコンバーチブルルーフ
べバスト初のコンバーチブルルーフをスマート カブリオ(Smart Cabrio)に搭載。走行中にボタンひとつで開閉。



2007年: 小さなクルマに大きなルーフ
スマート フォーツー(Smart fortwo)に世界最大サイズのポリカーボネート製パノラマルーフを搭載。

 




2008年: 事業拡大
ドイツ ギルヒング(Gilching)に、空調管理システム事業を統括するべバスト サーモ&コンフォート 本社を新設。

 

 


2009年: 世界金融危機の中でも
グローバル自動車部品サプライヤであるエッシャ(Edscha AG)のコンバーチブル部門を買収。べバストにとって過去最大規模のM&A。

 

さらなる飛躍に向けて (2010 - today)

2010年: コンバーチブル=Webasto
カルマン・ノースアメリカ(Karmann With the aquisition of Karmann North America)を買収し、コンバーチブルルーフ市場におけるマーケットリーダーとしての地位を確立。グループ全体の売上が、初めて20億ユーロ越。




2010年: 次世代パーキングヒーター
クラス最軽量の乗用車向け新型ヒーター”Thermo The new Thermo Top Evo"を発表。

 

 

2011年: コンバーチブルとともに25年
1986年にBMWシリーズ カブリオレモデルが発表されてから、コンバーチブルとともに25年。

 

 


2012年: サンルーフとともに75年
1937年に初の自動車メーカー向けフォールディングルーフを納入して以来、べバストと自動車の歴史がスタート。 





2012年: 空調部門の事業拡大
デルファイ・イタリア・オートモーティブシステムズ から建設・特殊車両向け空調システム部門”Diavia (ディアヴィア)"を買収。工場は、イタリア モリネラ(Italia Molinella)、スペイン マドリッド(Spain Madrid)に。

 



2012新体制での出発
ドイツ本社が、EU株式への登録変更により、Webasto AGからWebasto SEに社名一部変更。合わせて、ルーフシステム部門、空調管理システム部門が、Webasto Roof & Components SE, Webasto Thermo & Comfort SEとして分社。